AGA(男性型脱毛症)の原因

AGA(男性型脱毛症)の原因とは

AGA(男性型脱毛症)の原因は男性ホルモンの影響が最も大きいと考えられています。
男性ホルモンは正式には 『テストステロン』 という物質で、思春期を過ぎるとテストステロンが 『ジヒドロテストステロン』 になることが分かってきました。テストステロンは、5αリダクターゼという還元酸素の働きによって、ジヒドロテストステロン(DHT)へと変換されます。変換されたホルモンは毛乳頭細胞にある受容体と結合して、発毛を抑制してしまうと言われています。

 

 生活習慣の改善も大切です

このDHT(ジヒドロストステロン)の影響で、髪の成長期が短く髪の毛が成長してしまう前に抜けてしまったりと、ヘアサイクルの乱れも原因となっています。
AGA(男性型脱毛症)は遺伝的要素が大きいと考えられていますが、「ストレス」 「睡眠不足」 「食生活の偏り」 「乱れた生活習慣」 なども薄毛、抜け毛を進行させる大きな原因となっているので、今一度、自分自身の生活習慣を見直してみましょう。

 

 

薄毛治療は、AGA治療専門病院で専門の医師の診察を受けて、一人ひとりの症状に合った治療を受けることがとても重要です。

 

AGA(男性型脱毛症)の原因関連ページ

AGA(男性型脱毛症)とは
AGA(男性型脱毛症)とはどのようなものなのか、AGA(男性型脱毛症)について解説しています。
AGA(男性型脱毛症)の治療
AGA(男性型脱毛症)の治療は症状に合わせた適切な治療を受けることが大切です。